FXの普及理由・FXのファンダメンタル分析で為替の方向性

FXの普及理由

数年前にFXという金融商品が普及するペースは、かなりの勢いが有ったと思います。それまでは、ネット媒体でFXのバナー広告を見かけるケースも少なかったと記憶しています。
ところがある時から、急激にバナー広告の数が増えました。検索エンジンのトップページなどで、FXのバナー広告がアピールされている頻度も急激に増えました。それと連動するかのように、FXの情報を配信しているブログの数なども急増していたように思います。
その影響からか、私の親戚もFXに関して熱く語っていたのを覚えています。親戚の場合、ほぼ丸一日FXの事を語れるのではないかなと思うのですが。それほど大きな影響を受けていた訳です。
また人々のFXの口座数も、かなりの勢いで増えていたようです。中には「一家全員がFXの口座を持っている」ご家庭もあるそうです。一時期は、口座数の増加率は本当に右肩上がりの状況だったと思います。
ところでなぜFXは、それほど急激に普及したのでしょうか。
私は、それは投資ムードの加熱が一因だったと思うのです。ある時から日本国内で、「貯蓄よりも投資に目を向けるのが大事」という風潮が強まりました。ニュースなどによる報道を見ても、だんだんと投資熱が加速していったように思います。現に今なお、投資の重要性がアピールされている事が多いと思います。
確かに貯蓄には、1つデメリットがあります。金利が非常に低い点です。
現在の銀行の金利は、確か年利1%にも達していなかったと思います。年利1%以下という事は、100万円を1年預けても101万円にもならない訳です。
それよりも投資に目を向ける方が、利回りが良いのではないかという風潮が強まりました。リスクはありますが、それでも低金利の商品を利用するよりは良いというムードが加速していったように思うのです。その結果、だんだんと投資熱が加速していった訳です。
FXが急激に普及した背景には、やはりその投資熱の加速が一因だったのかなと思います。

FXのファンダメンタル分析で為替の方向性

FXの投資法には色々なタイプがあります。投資家の考え方や得意なスタイルなどによってその投資法は違ってきます。FXでファンダメンタル分析を中心的に行う投資法もその1つです。ファンダメンタル分析とは、主に投資家がトレードする通貨に関する経済情勢や社会的な動向に着目して、それを細かく分析することで為替相場の変動を予測して利益を目指す投資スタイルのことをいいます。
FXにはその他の代表的な手法としてテクニカル分析があります。テクニカル分析では、主に為替の変動を記録したグラフの変化を様々な方法で分析して、相場予測を試みる方法です。また最近はFXの自動売買の人気が高くなる傾向も特に顕著に見られます。
このようにFXには代表的な投資スタイルがいくつかありますが、為替が経済的な要因で動くものであるという意味では、どの投資スタイルでFXを行うにせよファンダメンタルな変動要因についての基本的な知識や情報は必要だといえるでしょう。
ファンダメンタル分析では、長期的な為替変動の方向性を探るのに適しています。一方テクニカル分析では短期的な上下動のパターンを探るのに適しているといえます。短期投資や中長期投資などそれぞれに合った方法でトレードをおこなう必要があります。
ただいずれにせよ今後の為替の方向性についての見通しを持つことはとても重要であるといえます。その意味で、ファンダメンタル分析の基本的な見方を知っておくことも大切でしょう。
例えば貿易黒字になると通貨が上昇します。また景気がよくなると通貨も上がります。また金利が上がると通貨も上がる傾向があります。これらの傾向は経済学的な理論に基付いた分析なので、長期的な為替の方向性を把握するのに役立ちます。
また様々な経済指標に注目することも大切です。FXトレーダーに限らず今やすべての投資家が注目する代表的な経済指標として、米国の雇用統計があります。他にも貿易収支や小売売上高などの指標にも注目する必要があります。
このようにファンダメンタル分析の基本的な要素だけでも押さえておけば、為替の大きな方向性をを予測してFXトレードに活かすことができるのです。

FX海外口座の参考サイトでFX海外口座の比較・検討を行いましょう。

0 comments