FX取引の魅力とリスクについて

FXとは外国為替証拠金取引の事を言います。FX会社に証拠金を入金し、その範囲内で外国通貨の売買をして為替差益を得る事で利益となる取引となっています。
その際にレバレッジという「テコ」の役割をする倍率を指定して取引を行います。現在日本のFX会社では最高のレバレッジの倍率は25倍となっています。それは簡単に言うと外国通貨の売買に必要な金額の1/4の金額で取引が出来るという事になります。

FXの魅力とはこのレバレッジにあります。米ドルの為替レートが1ドル100円であるとすると1万通貨のポジションを保有する為には、通常100万円という大金が必要になります。そんなお金なんて無いという時にレバレッジ25倍を利かせる事によっておよそ4万円の証拠金で同じ取引をする事が可能となるのです。勿論売買が上手く行かない場合にはロスカットによって強制的に決済となり、証拠金を全て失うとリスクも存在します。レバレッジを利かせる程儲けは大きくなりますが、反対に損も大きくなります。それでも失うお金は証拠金までと限定をされるので、それ以上損をする事が無い事は反対にメリットと言える点でもあります。

レバレッジに関してはなるべく少ない倍率で取引をする事が大切です。レバレッジを利かせるならばそれなりの金額を証拠金としておく必要があるという事も事実です。証拠金が少ないと直ぐにロスカットとなる危険性が高くなるからです。出来る事ならばレバレッジは1倍で取引をする事が最も安全な取引方法と言えるようです。

FXの魅力はこの他にもあり、それはスワップポイントです。簡単に言えば預金利息という事になりますが、日本の金利とポジションを持っている通貨の金利の差額分が毎日入金されるしくみとなっています。その場合には金利の高い国の通貨でポジションを保有すると、より高い利息を毎日貰う事が出来ます。この事もFX取引を行う際の目的ともなっています。中にはスワップポイントを稼ぐ為にFX取引を行うという人もいるようです。

FXはインターネットで簡単に取引が出来て、少額でも取引が出来る事で主婦の間でも人気となっている投資の1つです。初めてFXをする時には、まずはシミュレーションから入ると取引の練習をする事が出来るので、お勧めです。

0 comments