約定力による差別化が行われるようになったFX業界

FXの手数料は、以前に比べるとだいぶ下がったと思います。
例えばスプレッドという手数料です。以前のFXでは、米ドルのスプレッドは0.8銭位だったかなと記憶しています。
ところが現在では、米ドルのスプレッドは0.8銭どころか0.1銭の会社が増えたと思うのです。中にはスプレッドがゼロ銭になるFXの会社もあるそうなのですが。
また最近では、取引手数料が無料の業者もだいぶ増えました。
このようにFXの業界では、総じて手数料が大きく下がった訳です。その背景には、業者同士での競争などがあったのです。他社との競争に勝つために、手数料の競争が起きていた訳ですね。
しかし最近では、これ以上手数料を下げる事は不可能な状況だそうです。既に手数料は限界まで下げ切ったそうなのです。しかし他社との競争に勝つためには、何らかの要素で差別化を図らなければなりません。
そのため最近のFXの業者は、約定力をアピールするケースが増えてきました。
約定力は、確かに大事なポイントだと思います。例えば注文をする為に、取引画面でクリックをしたとしましょう。そのクリックした時の反応が遅いと、注文者としてはちょっストレスを覚えるかと思います。
ところが最近のFXの業者は、約定のスピードがとても早くなりました。クリックをして注文が成立するスピードは、以前よりも向上したと思います。であれば注文者としては、ストレスを感じる事も減ると思います。特に経済指標が発表される時などは、そのスピードは極めて大事なポイントなのですが。
このように最近のFX業界では、手数料よりも約定力で差別化を図る動きが増えてきているそうです。約定力の性能アップによって、リピーター確保を頑張っているのだとと思います。
そして金融業界というのは、意外と変化が激しいものです。今後は約定力とは別の要素によって、差別化が図られるかもしれません。どのような要素によって差別化が図られるかは、もちろん現時点では不明です。

0 comments