リスク回避手段としてのサヤ取りとは

皆さんはFXトレードをされたことはありますか?
近年、FXトレードは初心者でも簡単にできると言われているため、たくさんの人が取引に参加しています。しかしFXトレードを甘く見てはいけません。FXトレードはあくまで投資であって、ギャンブルではありません。単なるゲーム感覚で取引に参加すると大やけどをします。場合によっては自分の財産の大半を失ってしまうこともあるのです。相場の変動によって利益を得る投資である以上、ハイリターンの裏には必ずハイリスクがあると思って下さい。
そこで、こうしたリスクを回避するために、経験豊富な投資家たちは様々な対策をとっています。その1つにサヤ取りという手法があります。
ここでわかりやすく例を挙げます。いまここに、銘柄Aと銘柄Bがあるとします。この2つの銘柄はお互いに関連性があり、片方が上昇すればもう片方も上昇し、片方が下落すればもう片方も下落するという関係があるとします。ただしそれぞれの上昇率には差があると考えて下さい。
いま、Aが200円、Bが100円とします。あなたはAを200円で売り、Bを100円で買いました。その後Aが220円、Bが140円に上がったとします。そしてあなたはBを220円で買い戻した結果20円の損失が確定してしまいました。しかしBを140円で売ることによって40円の利益が確定したのです。結局相殺すればトータル20円の利益が確定するのです。このように関連性のある複数銘柄を同時に扱うことによってリスクを軽減する方法がサヤ取りなのです。
ただ、この方法はうまくいくときはいいのですが、サヤ取り自体にもリスクはあります。あくまで2つの銘柄にいてプラスの幅が大きくなければリスク回避は難しくなります。上の例でいえばBが140円ではなく110円までしか上昇しなければトータルで差し引き10円の損失が確定してしまいます。
いずれにしても、FXトレードの初心者はこうしたリスクをよく把握した上で、決して無理な取引は行わないことが大切です。

0 comments