諦めずに試行錯誤を続けるのが大事なFX

最近は多くのFXの業者は、自分のトレードの成績を見る事ができるツールが充実してきたと思います。そして「成績を見る」のは、FXではとても大事だと思います。
FXでは、何らかの手法によって取引をする事になります。その取引手法が正しいものであるか否かは、やはり個人成績をしっかり把握しておくのが必要だと思うのです。
例えばやり方Aによって、30回ほどトレードを行ったとしましょう。そしてFXの業者のツールによって、成績は70点などと評価されたとします。そしてある時からやり方を別の方法Bに切り替えて、ツールによって評価されたスコアが80点だったとします。
どちらの方が利益率が高いかと言われれば、やはり後者のBだと思います。つまりBのような方法を見つける為に、成績表で色々と反省や振り返りなどを行うべきなのです。
考えてみればサラリーマンのお仕事でも、無意識にそれと同じことを行っているものです。仕事を覚える為に、サラリーマンは色々と試行錯誤を行います。
まずやり方Aでお仕事をした場合、会社に対する売り上げが1000万円だったとします。しかしやり方Bの場合は、売り上げは3000万円だったとしましょう。上記のトレードと同じく、Bの方が会社への貢献度が高いわけです。このような試行錯誤は、本当に無意識の内に行っているものだと思います。実際私も、それを何度も行ったのですが。
つまりサラリーマンのお仕事と同様で、FXでは試行錯誤が重要という訳です。その試行錯誤が効率良く行えるか否かは、やはりFXの業者による成績ツールの充実度に左右される一面があると思います。
幸いにも最近では、成績を評価するツールの充実度はだいぶ高まりました。昔に比べると、取引手法の試行錯誤などもだいぶやりやすくなったと思います。最適な手法が発見できれば、利益率も高まる事でしょう。
しかしそれを発見できるまでの道は、決して平坦ではないと思います。正直、上記の試行錯誤は苦労を伴うと思いますね。
その苦労に負けずに、最後まで頑張った人がFXでは稼げているのかもしれません。それを考えると、FXというのは「諦めない事が重要」なのかなとも思います。

0 comments