FX投資は目先を見ず大きなトレンドで判断しよう

FX投資も株式投資と同じで、安い時に買って、高くなったときに売れば儲けることが出来ます。しかし絶対に設けることが出来る通貨の組み合わせはありません。FX投資を専門とするプロでも判断することはまずもって難しいことです。狙い通りに価格が上がらなかったり、当てが外れて長期間の塩漬けになってしまうことが少なくありません。

このような失敗を出来る限り避けるためには為替チャート分析があります。チャート分析のメリットは、各通貨ペアのトレンドが分かります。また他の投資家の動向も少なからず見えてきます。チャートは自分の手で毎日作成するのがいいでしょう。そうすることでチャートが頭に浸み込み、投資感を養う一助となる筈です。

為替のトレンドは大きなトレンドと短いスパンの繰り返しから成り立っています。大きなトレンドは、「上昇、下降、もみ合い」の3つに分かれます。またそれぞれのトレンドの中で、短期のスパンで上がったり、下がったりしています。FX投資を始めた頃は、毎日の値動きが気にかかって仕方ありませんが、現在は3つのトレンドの中のどこに位置しているかを把握しておけば、短期の動きはあまり気にしなくて良いでしょう。じっくりトレンドを眺めて売り時を判断すればいいでしょう。

基本的には上昇トレンドに乗った通貨ペアを買い、ある程度利益が確保できた時点で手放すのが理想的です。しかし思惑通りにことが運ぶ保証はありません。地勢的リスクが高まれば一気に逆方向に走り出すこともあります。こうした場合は塩漬けになる可能性がありますから、じっくり次の機会を待つしかないでしょう。通貨ペアにはスワップポイントがつくでしょうから、しばらくはスワップ狙いで行くしかありません。またロスカット・ルールが義務付けられていますから、損切を実行することで一定額の損失でストップできる仕組みになっています。

FX投資には株式投資に見られる一発ホームランはありません。チャートの基礎を理解してコツコツと安打を放って成功するしかありません。チャート分析によるFX投資は地味ですが、リスクを減らし確実に儲けたい投資家向けです。

0 comments