FXは堅実にやれば儲かる

僕がFXを始めたきっかけはネット広告で億万長者になれるというバナーを見たことです。お金はあればあるほどいいのでその場でFXの口座開設の申し込みをして、開設完了するまでFXの勉強をしました。元種になる額は10万円と少額でしたが、それでも十分運用できる金額ということがわかりとりあえずやってみることに。

しかし、付け焼刃の勉強では相場の流れに全く対応できず、低レバに抑えていたものの資産は半分の5万円になってしまいました。それからは取引をいったん止め、市場の流れを読めるよう勉強しました。満を持して残りの5万円で低レバレッジでの運用を始めました。一回の取引で目標値になったら利確、損切も早すぎるぐらいのイメージで取引をするというルールを設定すると、大勝はないもののじわじわと資産が増えていきました。

今では100万円を超えてきており、相変わらずの低レバレッジで少額を稼ぎ続けていますが運用の楽しさやチャートの見方も日々勉強と思ってトレードしています。

FXで破産するという話を聞くことは非常に多いですが、一獲千金を狙ってハイレバで逆張りするようなことをしなければ大変なことになるとは思えません。トレーダーとしては全くの素人から始めましたが、成功した人と失敗した人の話を聞いていると共通点があることに気づきました。

失敗する人は、自信をもっていたりトレードの能力があると思って大きな利益を得ようとする人が多い印象があります。反対に、成功する人は、自信がなさげで自分の設定したトレードルールからはみ出した運用はほとんどしない堅実な人が多いです。成功した人の方が低レバで少しづつ資産を増やしていっているのが非常に特徴的だと感じました。

僕がFXを始めて半年近くが経ちましたが、この堅実なトレードで小さな勝ちをたくさん拾っていきたいと考えています。そうやって資産を増やして自分の自由にできるお金を作って今まではできなかった贅沢をしてみたいです。

0 comments