歴史的円高で大きな損失を出したFX

私がFX外国為替取引を始めたのは約5年前のことですが、最初は勝ったり負けたりしながらも利益を出していました。とはいえ、いわゆる典型的な初心者の取引方法で、利益を出している時にはすぐに確定してしまい、損失を出している時には損切りができずに、強制ロスカットされてしまう状態を繰り返していました。

最初はアメリカドル・円のペアで取引をしていましたが、あまりに変動が遅いので、途中からユーロ・円のペアで取引をするようになりました。より早く利益を出せるようになりましたが、もちろん同時に大きな損失も出すようになりました。

そんな頃、日本は歴史的な円高に向かおうとしていました。最初は一時的な円高でいずれ戻るだろうと安易に考えていましたが、損切りしても損切りしても円高に進んでいき、非常に大きな損失を出してしまいました。負ければ負けるほど、なんとか取り返そうと考えて、さらに資金を投入して状況は悪化していきました。

歴史的な円高が予想をはるかに超えるところまで来ていましたが、当分は円安に向かわないように思えました。ところが、2012年の年末から政権が変わり、アベノミクスの効果もあり、急激な円安に向かい始めました。最初は一時的な円安だと思っていたのですが、思った以上に円安が急激に進行しました。

今度は逆に円安が止まらなくなり、損切りしても損切りしても円安に向かい、再び損失を出してしまいました。初心者の私にとっては、歴史的な円高にもアベノミクスにより円安にも付いていくことができず、大きな損失を出してしまいました。

今では、正しく損切りをしてポジションをとり、しっかりトレンドに乗れる取引ができるようになりました。今から思うと貴重な経験を積むことができたと考えていますが、まだ損失を取り返すことができていません。今のところ、損失を受けた半分ほどを取り返しましたが、約5年間もかけてまだマイナスなのが悔しくてたまりません。

これからFXを始めようと考えておられる方は、損失に十分注意して欲しいと思います。損切りをする方法、ポジションを管理する方法、利益が出ていてもじっと忍耐することなど、一つ一つ学んでいただきたいと思います。私もいつか大きな利益を出して、見返してやりたいと思っています。

0 comments